Copyright © 2015 wattoon. Powered by Blogger.

LED照明

2011/12/27


電気が足らないのです。

レンダリングマッシーンを30台ぶん回し、
誰かがレンジなど使おうものなら

バッチーン。

クーラーつけても

バッチーン。


。。。あぁ

建物全体の容量が決まってるから増やせないんだと。

タングステンやHMIなんて全然無理。
蛍光灯も主流だけど。。。
やっぱり今流行のLEDかね。

何はともあれLEDの特性調べてみました。

・ほとんど発熱しない。
・長寿命(10年とか持つ)
・ランニングコストが少ない
・フリッカーレス(実際は?だが)
・色温度がダイアルやフィルターで変換できる。
・無段階のディマー

いいじゃん。

プロの照明マンにも聞いてみたところ
LEDは直線的な光なので回すのが大変。
時期尚早でもあるし、キノフロとかの蛍光灯がいいよとのこと。

色々迷ったんですが
やっぱ規模的にキノフロは無理です。。。
スマセン。

後は素材撮りメインでフラットなライティングが多そうなことと
ランニングコストの面やコンパクトさからも
とりあえずはLEDで行ってみようかと。
工夫次第でなんとかならないかなぁ。

持ち出して使うことはほとんどないと思うので
ACアダプターが使えること。
色温度用のフィルターがオプションでも存在していること。

というあたりを総合すると意外と少ない

500Wクラス
・FLOLIGHT LED500
・ikan ID500 Light

100Wクラス
・Litepanels LPマイクロ
・FLOLIGHT MICROBEAM128
・サンテック PL130

あんまり怪しい商品は色温度とかやばそうなので除外。

この中からメインで1灯500wクラスのフラッドを天から、
フィルとバックに100wクラスを使ってみるという作戦で。


しかしLEDは長持ちしても基板とかは大丈夫なのかね。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

 

Most Reading

spirot inc.

http://www.spirot.net
東京都渋谷区渋谷東1-13-3-5F
03-5787-7858
info()spirot.net

Follow on FB

サンドアート、StopMotion等のアナログ表現をはじめ様々な手法で映像やデザインの制作をしています。

Blogger news