Copyright © 2015 wattoon. Powered by Blogger.

3Dプリンター:タカイさんとあそぼー①

2013/07/23

もう3Dプリンターで何か出力したくてしたくてしょうがないので
仕事仲間のタカイヒロシ@slowdelay さんに甘え(使わせてもらい)に原宿へ。


















タカイさんは最近ニコニコ学会βのディレクターやったり立体ゾートロープ作ったり色々してる方。いい人です。



















タカイさん所有のMakerbot Replicator2 カッコいい


まずはキャリブレーション。



































付属の紙がギリギリ通るようにプラットフォームの高さを何箇所かネジで調整する。

で、純正のMakerwareというソフトで書き出す。























あらかじめ3DS MAXからSTL形式で吐き出したコイツをドラッグしてMakerwareに放り込む。


問題なさそう。

ちなみにアゴの四角い奴は垂れ防止です。

左のツールでサイズや位置など調整してまずは小さいサイズ(3.5cm高くらい)でテストショット。


















積層ピッチ、内部密度等を粗めに設定。サポートありで出力してみます(大体やってもらった)


PLAを溶かすため段々温度が上がっていって230Cになると作り始めます。

高さ4CMくらいで24分との表示。




















動き出した!普通のインクジェットプリンター位の音量。思ってたより静か。

上の真鍮パーツがノズルでここからアメみたいな糸がニュルーっと出てきて
それが設定したピッチで積み上げられていきます。

これずっと見ちゃいますね。フィラメントが透明なのでアメ細工みたい。


で、出来た!


















サポートががっつり付いているのでプチプチと外していきます。



















記念すべき1号機。タカイさんの調整もあって失敗せずに出ました。

やべー楽しっす。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

 

Most Reading

spirot inc.

http://www.spirot.net
東京都渋谷区渋谷東1-13-3-5F
03-5787-7858
info()spirot.net

Follow on FB

サンドアート、StopMotion等のアナログ表現をはじめ様々な手法で映像やデザインの制作をしています。

Blogger news